松山の過払い・債務整理なら、司法書士事務所 いよリーガル

宇和島市で過払い金のご相談なら当事務所へ。

  • HOME »
  • 宇和島市で過払い金のご相談なら当事務所へ。

宇和島市民の皆様のご相談を解決いたします

 

四国中央市では、いくつかのカードローン会社や消費者金融などの支店がありますが四国中央市に住んでいる人が2006年より前にそれらの金融機関からお金を借りているとすれば過払い金請求ができる可能性があります。
そもそも過払い金とは何かといえば、お金を借りただけに金利を支払うことになりますがその時余分に支払った金利のことを意味しています。

法律上は、現在100万円未満のお金仕掛かりない場合には20%以上の金利を付けてはいけない決まりになっているわけです。ですが、そのきめられた範囲よりも多く取ってしまった場合は過払い金として請求できるわけです。

また、利息が請求できるため非常に大きくなりますがこれはどのような意味かといえば四国中央市に住んでいる人が余分にお金を支払ってしまった場合、そのお金は本来消費者金融が持っていてはいけないお金になります。つまり、債務者からお金を借りている状態と変わりませんのでその分金利が発生するわけです。これを、過払い金金利などと呼んでおり5パーセントほどまでならば請求できるとしているのが特徴になります。つまり、過払い金が発生している時からより多くの時間が経過している場合にはそれだけ多くの金利を手に入れることができ、最終的にたくさんのお金を手に入れることができるでしょう。

 

宇和島市で無料相談会のご案内

当事務所(愛媛県 松山市)まで来られない方のために、司法書士が各地に出向き「無料出張相談会」を実施しています。お気軽にご相談ください。
※相談会場は事務所ではありませんので、司法書士や事務員は日常待機しておりません。詳しくはお問い合わせ下さい。

無料相談会開催日程

開催日時間会場
2019年3月20日(水)13時〜16時宇和島市総合福祉センター
2019年3月27日(水)13時〜16時宇和島市総合福祉センター
2019年3月31日(日)13時〜16時宇和島市総合福祉センター
2019年4月3日(水)13時〜16時宇和島市総合福祉センター
2019年4月10日(水)13時〜16時宇和島市総合福祉センター
2019年4月14日(日)13時〜16時宇和島市総合福祉センター
2019年4月17日(水)13時〜16時宇和島市総合福祉センター
2019年4月24日(水)13時〜16時宇和島市総合福祉センター

宇和島市内で過払い金の仕組みをご説明しています。

金融業者が法律で定められた金利以上の利息を設定していて借り入れをした人がそれを支払っていた場合、法で定められた利息との差額が生じることになりますが、それを過払い金といいます。
つまりは本来支払う必要のないお金ということなのです。
当事務所にお越し下さった方の中には自分が借りたお金だということから罪悪感を感じて過払い金の返還請求を躊躇される方も多くいらっしゃいます。

先日お越し下さった宇和島市在住の50代男性は自営業を営んでいらっしゃったのですが経営難に陥り、信販会社3社から借入をした過去がおありでした。その後事業を立て直し、6年前に完済されていました。調べるだけなら無料、というラジオCMを聴いて当事務所にお越し下さったのですが、いざ過払い金が発生していて、返還請求が可能だとわかると、自分のせいで借金をすることになった、借りたお金で事業を立て直せてとても助かったから…と、返還請求をすることをためらっていらっしゃいました。
そこで過払い金の仕組みを丁寧にご説明して、本来は支払う必要のないお金だということ、返してもらうべきお金だとお伝えしたところ、それならば、ということで手続きに踏み切り、回収することができました。

 

PAGETOP
Copyright © 司法書士事務所 いよリーガル All Rights Reserved.
いよリーガルキャラクター

私たちは、身近な法律家として、ご相談者を第一優先に考えご相談を承っております。
ご相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。

司法書士事務所 いよリーガル
愛媛県松山市千舟町五丁目5番地3 EME松山千舟町ビル6階