再生計画を履行できる見込みがないと裁判所に判断された場合は不認可となりそこで手続きは終了します。
その後は別の手続きを検討する必要がありますが、現実は自己破産手続きへの移行が多いと思います。