身内や友人、勤務先からの借金であっても特別扱いすることは出来ません。
友人であっても債権者という立場は他の金融会社と平等に扱われるため、全ての債権者を裁判所へ報告する必要があります。