保証人が付いている等、任意整理することに支障がある債権者の場合は手続きから外すことが可能です。
ただし、任意整理を行う目的が借金からの開放という生活の再建色が強い場合等は、基本的に全ての債権者の手続きを行うことをお勧めします。