交渉は司法書士が行いますので特にはありません。
ただし、債権者から送られてきた取引履歴が正しいものであるか等の確認のため、お手持ちの契約書や領収書の控えを探して頂いたり過去の記憶を思い出して頂いたりということはあります。