弁護士や認定司法書士を通さずに債務者本人が任意整理を行おうとしても、 現実債権者が交渉に応じる可能性は極めて低いと思います。
もし、交渉に応じる債権者があったとしても、債務者に専門的知識がないのをいいことに極めて不利な条件での和解となってしまう危険性があるため、専門家に相談することをお勧め致します。