個人信用情報機関(俗にいうブラックリスト)に登録されるため、一定期間(一般的には5~7年間)金融機関からの借入れができなくなります。その他のデメリットはほぼありません。数ある借金整理手続きの中では、最もデメリットの少ない手続きと言えます。