「過払い金」とは金融会社に対して払い過ぎたお金のことです。
どうしてそのようなことが起こるのかというと、そもそも金融会社が取る利息には利息制限法という法律の制限がありこれを超える利息の支払いは無効として元本に充当されなければなりません。
しかし、消費者金融をはじめとして多くの金融会社は利息制限法を超える利息を取っています。
そこで利息制限法の所定金利を超えている部分を元本に充当する事で、その結果、取引期間が長くなればなるほど既に元本が無くなっていたにもかかわらず支払い続けていたという現象が起こります。
このような状態になり、払い過ぎたお金を過払い金と言います。