取引状況や借入金利によって差がありますので具体的に「○年以上取引があると…」と言うのは難しい状況です。
平均的には出資法の上限に近い金利で継続して6~7年取引以上があると過払いになっているケースが多いようです。