過払い金は最後の取引から10年を経過すると時効により消滅してしまうため回収が困難になります。
そのため、過去に完済をした金融会社があり、まだ10年を経過していないようであれば早急に回収されることをお勧めします。