裁判外でも取り戻すことは可能です。裁判には時間や労力・費用がかかりますので債権者としても極力裁判は避けたいというのが本音だと思います。
ただし、裁判外での和解による方法での回収の場合は債権者から減額での提案が為されることも多くありますので、早期の回収を目的として多少の減額に応じるか何としてでも全額の回収を目指すために裁判を起こすかはケースによって対応する必要があると思います。