それはありません。
ただし、自己破産の申立てを行う時点での退職金受領見込額が高額な場合は、その金額の8分の1相当の金額を債権者への配当として分配しなければならない可能性があります。