原則として高額の財産は売却して債権者に分配することになります。
ただし、日常生活に必要不可欠な通常の家財道具や資産価値のない年式の古い自動車等は財産としては扱われませんので自己破産をしても生活状況が著しく変化するということはないと思います。
また、携帯電話を処分されることもありませんし、ご家族名義の財産が処分されてしまうということもありません。