ご自身が免責を受け借金を支払わなくてよくなったとしても保証人の責任までもが免除される訳ではありませんので、保証人の方には請求がいくことになります。
そのため、自己破産をする際に保証人がついている借入先があるのであれば保証人も一緒に何らかの債務整理手続きをとられることをお勧めします。