中には免責を受けても支払っていかないといけない性質の借金もあります。
「非免責債権」といって、主なものでは税金・健康保険・年金や養育費・悪意又は重大な過失を原因とする損害賠償金や交通違反の罰金等があります。
これらは免責を受けても支払っていかないといけませんので注意が必要です。