借入れ理由の全てがギャンブルや浪費であったり、裁判所に虚偽の説明をするなどの行為があった場合は、例外的に免責を認められないことがあります。 しかし、債務整理にはその他の方法もありますので、ご自身の借入れ理由に問題があると感じられても、1度ご相談してみて下さい。