フリーダイヤル0120-556-215 相談・受付 月~金9:00~18:00 借金問題でのお問い合わせ その他のお問い合わせ

業務案内

不動産登記 土地や建物など不動産に関する各種手続き

不動産登記とは、土地や建物の面積や所在地、所有者の氏名や住所、所有の経緯、抵当権の有無などを国が管理する登記簿に記載することです。登記内容に変更が生じたときは、登記申請が必要になります。
※登記簿は一般に公開されており、法務局で閲覧できます。

不動産登記

不動産登記が必要なケース

  • 所有権移転 不動産を購入したり、譲り受けたり、相続した場合などは、所有権の移転登記をする必要があります。
  • 住所・氏名の変更不動産取得後に引っ越しをして住所が変わったり、結婚して氏名が変わった場合などは、変更の登記をする必要があります。
  • 抵当権の設定 不動産を担保にローンを組む場合には、抵当権の 設定登記をする必要があります。
  • 抵当権の抹消 住宅ローンを完済した場合、抵当権は抹消登記をしなければ、登記簿に残ったままになります。抵当権が付いたままでは、不動産の売買ができませんので、完済後すぐに手続きすることをお勧めします。

※ご相談内容は、司法書士法第3条に定められた範囲に限ります。

出張相談会よくあるご質問へ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

相談受付【月~金】9:00~18:00 フリーダイヤル0120-556-215女性専用ダイヤル0120-783-076 電話対応は女性スタッフがいたします。

メールでのお問い合わせ・ご相談

メール相談は24時間受け付けております!
  • 借金問題でのお問い合わせ
  • 相続・その他のお問い合わせ
悩まずにまずは相談!あなたに最適な解決方法をご提案させて頂きます